次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画について

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画について

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

松山東雲学園は、本学園に勤務する教職員が仕事と家庭の両立に向け、より働きやすい職場環境を整備するべく、以下の行動計画を策定し推進します。

1.計画期間 2016年4月1日~2021年3月31日までの5年間

2.内容

目標1:妊娠中及び出産後の教職員の健康管理や相談窓口の設置。

対策

  • 健康管理は、保健室が対応する(体調不良時の休養、病院紹介、搾乳の為の場所提供)。
  • 年3回産業医の相談、年2回婦人科医師の相談、年4回助産師の相談および年6回の心療内科医の相談日を設け周知する為に教職員にメール配信する
    (通常は、看護師が相談対応する)。

目標2:学校教育に支障のない範囲で、一斉休業の日数を増やす。

対策

  • 現状の把握、業務計画、計画的な取得について協議。
  • 行事予定表、学園からの説明会、学内イントラ掲載などにより教職員へ周知する。

目標3:育児・介護休業法や労働基準法等関係法令に基づく諸制度の改正・周知。

対策

  • 法令の改正があった場合は、速やかに学内規程を改正するとともに、学内イントラ掲載、必要に応じて学園からの説明会などにより教職員へ周知する。